古いブロック塀が心配ではありませんか?

平成30年6月18日発生した大阪北部地震による災害の余波は今や全国に拡大しております。今回のブロック塀の倒壊による惨事は国土全体を揺るがしつつあります。
被災された皆様方に心よりお見舞い申し上げます。
地震大国日本は多くの危険なブロック塀が存在しており国の政策としても最近では地方自治体により補助金制度も始められました。 そこでブロック塀診断士による診断を随時受け付けております。
お気軽にご相談ください。

ブロック塀診断士とは・・?

平成7年10月 「建築物の耐震改修の促進に関する法律」が制定されたのを受けて、平成10年4月 ブロック塀診断士制度が公益社団法人 日本エクステリア協会により発足されました。
ブロック塀診断士とは ブロックの倒壊等による人命に係わる災害を防止するため 新規工事の安全基準の遵守 既設ブロック塀の調査点検などの活動により 地域の安全・環境保持を目的とするものがブロック塀診断士制度となっています。

ブロック塀診断の診断料

基本診断料
当該塀の長さ10m未満/塀の高さ1.2m未満 ¥15,000
追加診断料
当該塀の長さ10m以上の時 10m延長毎に ¥5,000
当該塀の高さ1.2m以上2.2m未満まで基本料の50%UP
特別塀の長さ100m以上または塀の高さ2.2m以上の時 別途見積もり
交通費及び出張料は別途診断時に取り決める。

その他工事

門工事・アプローチ工事・タイル工事・ガレージ(申請は別途)・駐車場のコンクリート工事・舗装工事・フェンス工事・樹木剪定・草刈  等。ご相談ください。

お問い合わせ